「作用」タグの記事一覧

降圧剤の種類と副作用(カルシウム拮抗剤)

薬療法

年間の売上高はARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)に 抜かれましたが、使用量が現在でも最も多い降圧剤です。 売上高と使用量が逆転するのは、一錠当たりの価格の差です。 カルシウム拮抗剤が15円~100円ですが、 AR […]

降圧剤の種類と副作用(ARB)

薬療法

現時点では第一選択肢となっている降圧剤になっていると思います。 カルシウム拮抗剤と組み合させて使用されるパターンも多いです。 年間売り上げ金額が最も大きく、薬価も高い降圧剤です。 ちょっと古いですが、2004年の年間売上 […]

降圧剤の種類と副作用(ACE阻害薬)

薬療法

ACE阻害薬はARBと同様に血管の拡張することによって血圧を下げます。 人間の体には血管の太さを調整する仕組みがいくつかあります。 その一つは、交感神経です。 交感神経に作用して、血圧を下げるのがβブロッカーです。 その […]

ページの先頭へ