最近、増えている「若年性高血圧」。
若年性高血圧もほとんどは、原因がはっきりしない本態性高血圧です。

昔に比べて、ストレスが多い現代社会が、
症状を増やしている一因と言われています。

 

若年性高血圧とは

 

そんな若年性高血圧ですが、具体的にはどのような症状を指すのでしょうか。
診断基準としては、年齢が35歳以下、最高血圧140mmHg、最小血圧90mmHgを超えている場合、
若年性高血圧と診断されます。

普通の中高年の高血圧と同様、自覚症状がないことが多く、
そのまま放置しますと、血管へのダメージが進行していきます。

また、若いから大丈夫と、十分な治療やケアをしていないケースが多く、
リスクを認識していない人が多いのも特徴です。

頭痛イラスト

 

若年性高血圧の原因

 

若くして血圧が上がる原因。
冒頭でストレスの増加を上げましたが、それは若年性に限ったことではありません。

若年性に特有の原因はホルモンバランスが不安定になることと言われています。
人は思春期からの成長期間に、身体のホルモンバランスが不安定になります。

若年性高血圧の一番の原因はこのホルモンバランスが、
安定しないことと考えられています。

この場合ですが、一定の年齢に達し、ホルモンバランスが安定するにしたがい、
血圧も安定し、高血圧も解消されます。

 

若年性高血圧の治療

 

一過性の症状と考えられていますので、減塩などの食事療法や、
体重コントロールのための運動療法などで穏やかに血圧の上昇を抑えるのが、
まず最初に行います。
それでも効果が無い場合は、中高年と同様に降圧薬を服用します。

まれに体質などの関係で、若年性でとどまらず、本態性高血圧を発症する場合も
ありますので、若いから大丈夫などと甘く考えずに、定期的な健康診断と
バランスの良い食事、適度なストレス解消を心掛けましょう。

スポンサーリンク