高血圧になると聞くことになる「心臓肥大」

実は、私も心電図の波形では「心臓肥大」が疑われます、
と診断されたことがあります。

その時は心臓が大きくなるなら良いのではないか?と、
軽く考えてしまいました。

よーく医師の話を聞いたり、調べてみるとそんな楽観できる
症状ではないのですね。(当然ですね)

そんな「心臓肥大」を分かり易く説明します。

 

心臓肥大とは

 

心臓肥大とは心臓の壁が厚くなる症状のことです。
心肥大とも呼ばれます。また、発症している場所によって
左心室肥大とか、右心室肥大とも呼ばれますが、全て同じ症状を指します。

心筋梗塞

 

 

心臓肥大になる原因

 

心臓肥大になる原因は様々です。激しい運動や、労働。
または、心臓弁膜症の合併症として起こる場合もあります。
筋ジストロフィーや甲状腺機能亢進症などの病気でも心臓肥大が見られます。

しかし、最も多い原因は高血圧によるものです。
心臓の役割は身体全体に血液を巡らせることです。

常に大きな力でポンプのように血液を循環させます。
ところが、血圧が高くなると、より大きな力が必要になります。

その結果、心臓の力が必要以上に強くなり、心臓の筋肉が
大きくなります。

血液循環

 

 

心臓肥大の影響

 

心臓は大きくなりますが、血管の太さ、長さは変わりません。
したがって、心臓に必要な血液や酸素が供給できないことになります。

心臓が貧血状態になり、狭心症や心筋梗塞が起こり易くなります

(狭心症についてはこちら)

(心筋梗塞についてはこちら)

冠動脈

 

スポンサーリンク