高齢者の降圧剤について

副作用が怖かったり、自覚症状が無いため、
積極的に降圧剤を飲まない高齢者の方が少なくありません。

そんな中、日本老年医学会が「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015(案)」を公表しました。
その中では、高齢者の高血圧にも触れられています。
具合的に高齢者には原則的には適さない、降圧剤について明記されています。

 

高齢者の高血圧の特長

 

高齢者の高血圧の特徴は最高血圧(収縮期血圧)が高くなりますが、
最低血圧(拡張期血圧)は逆に低くなるということです。

理由としては、高齢者は加齢により動脈硬化が起こってきます。

高血圧と動脈硬化

最大血圧は心臓が収縮するときに全身へ送り出す血圧です。
この時の血圧は主に体内の食塩の量によって決まります。

心臓から出される血液に含まれる水分量と、手足の末端の血管の収縮により抵抗が
関係します。

このとき、健康な人は血管を拡張することによって、血圧の上昇を防ぎますが、
動脈硬化が進むと、血管がしなやかさを失っていますので、
血管が拡張せずに、血管に強い圧力がかかり、最高血圧が上がります。

逆に血液を心臓に押し戻す時は、血管が収縮しますがこれが、最低血圧です。
動脈硬化を起こしていると、心臓がしなやかさを失っていますので、
この収縮する力が弱いため、最低血圧が低くなるのです。

水 ホース

最低血圧が下がってきて、自覚症状もないため、安心して、
降圧剤を積極的に飲まない方が多いと言われます。

しかし、動脈硬化が進行しており、確実に血管へのダメージが
蓄積しているため、治療しないことは非常に危険なことなのです。

 

高齢者が避けた方が良い降圧剤

 

錠剤

このような中、「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015(案)」では
高齢者に対する降圧剤のリスクを検討し、公表しています。

以下の降圧剤は高齢者には原則的には服用しない方が良いと表記されています。
(症状や身体の状況はそれぞれ異なりますので、「原則」としています)

<高齢者が避けた方が良い降圧剤>
 「非選択的α1遮断薬」、「非選択的β遮断薬」、「ループ利尿薬」の3種類です。
いずれの薬も高齢者では代謝が落ちているため、自律神経の調子が悪くなり、
服用すればふらついたりといった症状が出る人がいます。

一方、「日本高血圧学会」では、これらの薬剤ではない「カルシウム拮抗薬」
利尿剤(主にサイアザイド)」、「ACE阻害薬」、「ARB」を
第1選択薬として推奨されています。

いずれにしましても、医師と相談し、適切な降圧剤を服用しましょう。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ