高血圧を下げるカリウム

高血圧の予防や治療で大切な事の一つが減塩です。
しかしながら減塩の食事は味気なくつらいものです。

そのつらい減塩生活を強力にサポートしてくれるのがカリウムです。

 

なぜカリウムが血圧を下げるのか

 

現代人の食事の中で、ナトリウム(塩分)に比べてカリウムの摂取量は
不足していると言われています。

太古の時代の食事は当然ながら、味付けはしてませんでしたので、
ナトリウム(塩分)の取得量は少なかったです。
(塩分は貴重な物質でもありました)

元々、人間の身体の仕組みとして、その状況に対応して進化していますので、
余分なカリウムを尿として排出する機能が優先しています。

ナトリウム(塩分)はカリウムと同時でなければ排出できないようになっています。
したがって、カリウムの摂取量が少ないとナトリウム(塩分)が排出されず、
体内に蓄積されます。

カリウムを十分に摂取すると、うまくナトリウム(塩分)が排出され、
減塩と同じ効果になり、血圧も下がることになります。

また、厳しい減塩をして元々塩分の摂取量が少ない方は、
カリウム摂取の効果は少なくなります。

塩

 

 

カリウムの上手な取り方

 

その重要なカリウムですが、どのように摂取すればよいのでしょうか。

まず、量ですが、厚生労働省では生活習慣の予防のために、望ましいカリウムの
摂取量は1日当たり3,500mgとしています。

日本人の平均的なカリウムの摂取量は約2,400mgですので、1,300mg不足していることになります。

カリウムを取得する代表的な食物以下の通りです。
偏ることなく、バランスよく摂取しましょう。

バナナが手軽に食べられると思いますが、バナナは糖分も多く含みますので注意してください。

◆カリウム400mg含む食物(目安)
・バナナ   1本
・トマト   1個
・豆腐    1丁
・ジャガイモ 1個
・リンゴ   1個

バナナ

 

 

腎臓が悪い人は注意

 

カリウムは腎臓の機能で、尿として排出します。
したがって、腎臓が悪い人はカリウムをうまく排出することができませんので、
十分に医師と相談しましょう。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ