高血圧の人は「うどん」より「そば」がおすすめ

お昼のランチなどで、「うどん」か「おそば」かラーメンかと、麺類でどれにしようかなと迷う時がありますよね。

そんな時、血圧には「そば」を選んだ方が良いです。
ラーメンはその塩分の多さから、あまりお勧めはしません。

そこで、「うどん」か「そば」かの選択になるのですが、そんなときは「そば」を選んだ方が良いのです。

 

そば粉のルチンに高血圧改善の秘密

 

そば粉にはルチンという物質がそば粉100g当たりに10~20mg含んでいます。

このルチンは強力な抗酸化作用をもつポリフェノールのフラボノイド化合物の仲間で、ビタミンPとも呼ばれます。

ルチンには血管の弾力を高める働きがあります。

蕎麦打ち

固くなった血管は、血圧の負荷に耐えられず破れてしまう危険もありますが、血管の弾力が上がることで、血液の流れが良くなり、血圧を下げる効果が期待できます。

また、ルチンには、毛細血管を強くし弾力が失われた血管を修復する働きもあるので、脳血管疾患の予防にもつながります。

うどん粉は小麦粉の一種になります。うどん粉にも豊富なビタミン、ミネラルを含んでいますが、ルチンは含んでいないんですね。

 

1日当たりに必要なルチンの量は

 

1日に必要なルチンは30mgといわれています。1日1食、そばを食べると、この量は摂取できる計算になります。

ルチンは、そばの実の外殻に近い部分により多く含まれています。特に韃靼そば(日本名は苦蕎麦)は、普通のそばの約100倍もルチンが豊富といわれています。

蕎麦湯

また、そばをゆでている間に、水溶性のルチンはビタミンB₁やビタミンB₂などと一緒にゆで汁に溶け出してしまうという性質があります。

ざるそば等を食べる場合は迷わずそば湯も飲むようにしましょう。

 

ルチンの他の効用

 

ルチンは抗酸化力が高いため、うれしいことに美容にも効果があります。

抗酸化力が高いということは、若さの敵である活性酸素を除去する力が強いということです。

若々しいお肌を保つためにも蕎麦がおススメです。コラーゲンの生成を助けるビタミンCの吸収を促進する働きもありますので、蕎麦と一緒にビタミンCの多いフルーツなどを一緒に食べるとさらに効果的です。

私はお昼に「うどん」か「そば」かと迷う時が多いのですが、血圧が高いため、これからは「そば」を選ぶことにします。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ