高血圧と動脈硬化

高血圧が進むと心筋梗塞や、脳卒中などの恐い病気になってしまいますが、
その途中の過程で必ず発生するのが、動脈硬化です。

 

動脈硬化とは

 

その名前が示すとおりに、動脈が硬くなる病変です。
動脈硬化というと中高年の病気というイメージがありますが、
必ずしもそういうわけではありません。

私たちは生まれて間もない頃から、血管に限らず身体が硬化していきます。
年齢を重ねていくと、誰でも、ある程度の動脈硬化となるのですね。

ただし、高血圧が進行すると、自然現象、老化現象とは別の理由で
動脈硬化の進み方が早くなります。

 

なぜ高血圧だと動脈硬化になるの?

 

血管が高い圧力を受け続けるためです。
血管は高い圧力に耐えるために、硬く厚くなっていきます。

血管は外側ではなく、内側に厚くなりますので、
血液の通る道が細くなり、さらに血圧があがります。
そうなると、動脈硬化がさらに進み、悪循環に陥ります。

高血圧と動脈硬化

また、しなやかさを失った血管は傷つきやすくなり、
そこのコレストロールなどの脂質がつきやすくなります。

これをプラークといいます。
プラークがつくとさらに血管が細くなることになります。

 

動脈硬化の危険性

 

プラークが溜まり、血管に高い圧力を受け続けると、
プラークが破裂します。

プラーク

そこに、血栓が詰まると発生した場所が心臓であれば心筋梗塞、
脳であれば、脳梗塞となります。

その他の場所でも血流が止まることになりますので、
深刻な症状になることがあります。

したがって、高血圧と診断されたら、生活習慣を改めたり、医師の診断を受けるなどの
適切な処理をすることが大切です。

また、動脈硬化は高血圧だけが原因ではなく、
喫煙、脂質異常、肥満、糖尿病などから発生することがありますので、
気を付けましょう。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ