降圧剤の種類と副作用(カルシウム拮抗剤)

年間の売上高はARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)
抜かれましたが、使用量が現在でも最も多い降圧剤です。

売上高と使用量が逆転するのは、一錠当たりの価格の差です。
カルシウム拮抗剤が15円~100円ですが、
ARBは40円~250円と高いためです。

カルシウム拮抗剤が日本に導入されたのは、1974年です。
比較的早い段階に使用された降圧剤です。

錠剤

 

カルシウム拮抗剤の作用

 

カルシウム拮抗剤は血管の平滑筋に作用し、
血管を拡張させることにより、血圧を下げる薬です。

具体的な作用の流れをみてみましょう。

まず、血管の平滑筋の収縮にはカルシウムが大きく関係します。
血管が収縮するためには、細胞の外側から内側へカルシウムイオンが
入る必要があります。

カルシウムが出入りする細胞の表面の穴を、
カルシウムチャネルといいます。

カルシウム拮抗剤はこのカルシウムチャネルに蓋をして、
カルシウムが細胞の内側に入ることを、妨害することします。

ふた

すると、平滑筋は伸縮せずに、拡張しますので血圧が下がります。

したがって、本来の名称は「カルシウムチャネル拮抗剤」とか、
「カルシウムイオン流入抑制薬」の方が相応しいと思いますが、
便宜的に「カルシウム拮抗剤」で落ち着いたものと思います。

 

カルシウム拮抗剤の副作用

 

比較的長期に使用され、極端な副作用は無いと言われている降圧剤です。

よく聞くのは、グレープフルーツジュースと一緒に服用すると、
血圧が下がり過ぎるということです。

原因はグレープフルーツが持っているが持つ阻害作用にあります。
仕組みは複雑ですので、知識として覚えておく程度でいいでしょう。

グレープフルーツジュース

また、その他に便秘やむくみがあります。

しかし、本当に怖いのは、カルシウムイオンの流入を全て妨害する、
ということです。

当然のことながら血管の収縮に関係する平滑筋にだけ、
カルシウムイオンを妨害するという複雑な機能はありません。

全ての細胞においては、カルシムチャネルが必要です。
それが、妨害されるということは、本来の細胞が持っている機能が
全うできないことになります。

中でも最も深刻なのが、免疫細胞が正常に機能しないこと恐れが
あることです。
その結果、ガンの発症率が高くなり、生存率が下がるという危険性も
指摘されています。

ACE阻害薬のように空咳などの分かりやすい副作用はないですが、
漫然と長期的な使用には気を付けたい降圧剤です。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ