降圧剤が効かない高血圧に注意

今や国民病といっても過言ではない高血圧。年を重ねる毎に血圧は上がっていくものです。

厚生労働省の「平成26年国民健康・栄養調査」よると、70歳以上の方の半分以上の方が、降圧剤を服用しています。

皆さんの回りのお年寄りの方も降圧剤を飲んでいる方は、多いのではないでしょうか。
実際、この数字以上に降圧剤は飲まれている気がします。

そんな降圧剤ですが、必ずしも血圧を下げる効果が無い場合があるそうです。
しかも、降圧剤が効かない高血圧はとても危険で注意が必要とのことです。

錠剤

 

降圧剤が効かない高血圧

 

2003年の東北大学の教授らの調査結果です。

降圧剤服用中の本態性高血圧患者3400人、平均年齢66.2歳を対象に調査を行ったところ、なんと約60%が降圧剤が効かない「コントロール不良高血圧」との結果が出ました。

血圧を下げるために飲んでいる降圧剤が効かないケースが半分以上とのことです。
ちょっと衝撃的ですね。

疑問

 

なぜ降圧剤が効かないのか

 

高血圧が発生する理由は様々ですが、降圧剤が効かない理由もいくつか考えられます。

その中で、最も有力な理由は、腎機能の低下です。
腎臓は摂り過ぎた塩分を尿と一緒に体外に排出することで塩分量を調整しています。

血液中の塩分濃度が高くなると、塩分濃度を一定にしようとして、体内の水分が血管内に流れ込ます。
その結果、血液量が増えるため、血圧が上がります。

よく血圧を下げるには減塩をするという背景には、このような身体の仕組みがあります。

このとき、腎機能が正常でしたら、尿と一緒に過剰な塩分は体外に排出され、血液量が元に戻ることにより血圧が下がります。

しかし、腎機能が弱まっている人は、尿の排出が上手くいかず血液量は増えたままで元に戻らないことがあります。

いくら、降圧剤を飲んでも血圧を下げる効果が表われないのはこのような原因が考えられます。

腎機能は糖尿病や腎動脈の硬化、加齢によっても低下するため、降圧剤が効かない高血圧は、それほど珍しくないことです。

腎不全

 

降圧剤が効かない高血圧の危険性

 

降圧剤が効かない高血圧の方は、降圧剤が効く高血圧の方に比べて、心筋梗塞や脳卒中の発生頻度が約3倍も高まるという研究データがあります。

降圧剤を飲んでいると安心ということで、実際は高いままなのに、対応しないため、心筋梗塞や脳卒中の発生する危険性が高まるためです。

 

降圧剤が効かないときの対処方法

 

では、降圧剤をのんでも血圧が下がらない時はどのように対処すればよいのでしょうか。

腎機能の低下により、尿、塩分の排出がうまく機能できない場合は、尿を排出することで対応できます。

したがって、利尿剤を服用すれば良いとのことです。利尿剤は昔から副作用のリスクが少ない降圧剤としても存在していました。

特に腎機能が低下している高齢者には、血圧を下げる効果は高いそうです。

 

まとめ

 

◆高齢者の60%の高血圧は降圧剤が効かない

◆降圧剤が効かない高血圧は、心筋梗塞や脳卒中の発生リスクが高い

◆降圧剤が効かない高血圧には利尿剤が有効



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ