血圧高目の方がラーメンを食べるなら何味?

血圧高目、または高血圧の人にとっては、減塩は大切です。
減塩生活にとっては、ラーメンは鬼門です。

なぜならば、塩分の1日当たりの目標摂取は6g。
しかし、ラーメンの塩分は平均一杯当たり6gです。
ちょうど1日の目標値を使い切ってしまいます。

でも、どうしてもラーメンを食べたい、または食べなければならない、
という時はあるはず(私だけ?)。

血圧は高いけれど、ラーメンはどう食べれば良いのかをまとめてみました。

 

ラーメンの種類毎の塩分

 

では、最初にラーメン種類毎の塩分を比べてみましょう。
具材や、お店毎に当然異なりますが、目安と考えてください。
(有名店のラーメン○郎などは塩分、カロリーも極端なはずです・・)

味噌ラーメン ・ 5.9g
塩ラーメン   ・ 5.5g
醤油ラーメン ・ 5.5g
豚骨ラーメン ・ 5.3g

塩ラーメンがTOPだろうなと思いきや、以外と塩分が一番多いのは
味噌ラーメンでした。

 

では何味がいいの?

 

では、何味を食べればよいでのでしょうか。
上の塩分量をみると、豚骨ラーメンを選べば良いかと思いますが、
お勧めはずばり味噌ラーメンです。

味噌ラーメン

味噌ラーメンは一番塩分が多いではないか、との意見があると思います。
なぜ、味噌ラーメンがお勧めというと味噌の効能によるものが大きいです。
味噌に関しては以下のような研究報告があります。

◆発酵食品なので、アミノ酸やビタミン類なども豊富に含まれている。
◆脳卒中、認知症、心臓疾患などの発症を低下させる
◆血圧低下作用を持つ物質が含まれている
◆喫煙者が毎日味噌汁を飲むと死亡率は低下する

また、一番塩分が少ない豚骨ラーメンは動物性脂肪が多いです。
動物脂肪が血管壁に付着すれば、動脈硬化を進行させる原因になります。

豚骨ラーメン

高血圧の方は動脈硬化の進行によって脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まりますので、
お勧めはできません。

 

上手なラーメンの食べ方

 

絶対にスープを飲み干すのはやめましょう。
ラーメンの塩分量の半分はスープに含まれています。
逆に言うと、スープを飲まなければ、ラーメンの塩分半分は抑えることができます。

また、つけ麺も避けた方が良いです。
つけ麺はどうしてもスープの味を濃くする必要があり、
自然と塩分が多くなってしまいます。

また番外編ですが、うどん、そばも同様に塩分が多いため、
注意が必要です。

 

まとめ

 

血圧が高い人は味噌ラーメンを食べるべし。
また、スープは飲むのはやめましょう。

お店に人の目を気にしたり、通ぶるのはやめましょう。
ご自身の健康のためです。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ