血圧・血管・血行の関係

血圧と血管・血行は相互に関係しています。

 

血管が硬くなると高血圧になり易い

 

健康な血管はしなやかで弾力性があります。
つまり、血液の流れる強さによって、血管が広がります。

ホースの中を水が流れるところを想像するとわかるのですが、
同じ水の量であれば、ホースを狭くすると水の勢いが増します。

これを血管とその中を流れる血液の置き換えると、
狭い血管を流れる血液は勢いが強い = 血圧が高くなるのです。

強い血圧にされされ続けると、血管はダメージが大きくなり、
弾力性を失います。また、血栓等もでき、血液の流れる道が狭くなるのです。

血圧血行血管

 

 

血行が悪くなると血圧は不安定に

 

血行が悪くなると、血栓ができやすくなります。
血栓ができると、そう!血液が通る道が狭くなります。

それで、血圧が高くなってしまうのですね。

 

血管と血行の相互関係

 

血圧だけでなく、血管と血行の間にも相互の関連があります。

血管の弾力性があれば、状況に応じて、血管が広がりますので、
血行が良くなります。

血行が良くなれば、血液さらさら効果で血管へのダメージが少なくなります。

このように、血圧・血管・血行は相互に関連しています。
というか、血圧は血管・血行の状況の結果なのです。

したがって、高血圧の予防や、治療は血管・血行を健康な状況に戻すこと
着目しています。

これは基本的なことですので、意識をしていると、
効果的な予防や治療につながります。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ