血圧を深呼吸で下げる

仕事中など、ふと気が付くと呼吸が浅くなったり、
息を詰めていたりしていませんか?

血圧が高い方は、呼吸にも注意すると血圧を下げる効果があります。
血圧が下がる効果や、呼吸法について、分かり易く説明します。

 

リラックス効果

 

興奮すると血圧は上がります。
リラックスすると血圧が下がります。

呼吸は自律神経のコントロールを受けています。
自律神経には交換神経と副交感神経があります。

ストレスを受けたり、不安になったり緊張状態になると、
交感神経が優勢になります。

呼吸が早くなり、血管が収縮し、血圧が上がります。

逆にリラックス状態になると、副交感神経が優勢になります。
呼吸がゆったりし、血管が拡張し、血圧が下がります。

この交換神経と副交感神経の切り替えをするのが、
脳の偏桃体という部分です。

呼吸をゆったりとすることで、脳の偏桃体にリラックス状態だと
思わせることできます。

したがって、深呼吸をすると副交感神経が優勢になり、
血圧下がることになります。

リラックス

血液を弱酸性に戻す

 

血液は元々弱アルカリ性です(PHでいうと7.4前後です)。
浅く弱い呼吸をしていると酸性に傾いていきます。

そうなると、ウイルスが増殖しやすくなったり、内臓の機能が
低下する状態になります。

また、余分な酸を排出しようと腎臓に大きな負荷がかかります。
結果、腎臓機能が弱まり、効率的に働くなるため、
腎臓への血液流入量を多くしようと、血圧を上げるホルモンを分泌します。

これを、腎性高血圧といいます。

腎不全

 

 

血栓を防ぐ

 

息を吸って、肺が拡張すると「プロスタグランジンI2」という物質が
分泌されます。

「プロスタグランジンI2」は血圧を下げる効果と血栓の形成を防ぐ効果があります。
普通の呼吸より、深呼吸をした方がより多くの「プロスタグランジンI2」が
分泌されます。

 

腹式呼吸がお勧め

 

 

腹式呼吸吐く腹式呼吸吸う

呼吸には「肺呼吸」と「腹式呼吸」があります。
血圧を下げるためには「腹式呼吸」の方が効果があります。

「腹式呼吸」とは息を吸うときに、おへその辺りを膨らまし、
横隔膜を下げ、肺を広げる呼吸です。

「腹式呼吸」の方が、副交感神経が優勢になり易いです。

また、息を吸う時より、息を吐くときの方が、脈拍がゆっくりとなり、
リラックス効果があります。

したがいまして、ゆっくりと息を吐く方に意識をしましょう。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ