肥満になると高血圧になるメカニズム

肥満は高血圧をはじめとして、糖尿病、高脂血症などの様々な
生活習慣病の原因となります。

肥満症の人の高血圧の割合は、そうでない人の2~3倍と言われます。
では、なぜ、肥満になると高血圧になるのでしょうか。

そのメカニズムを分かり易く説明します。

 

高血圧になるメカニズム

 

◆血液量が多い
肥満の人は身体が大きいということもあり、血液の量が多くなります。
また、身体の抹消まで血液を巡らせる必要があります。
したがって、多い血液を勢いよく送り出すために、血圧が高くなります。

◆動脈硬化
肥満の人は血液中のも脂肪が多いため、動脈硬化になりがちです。
動脈硬化についてはこちら
血液中の脂肪が血管にへばりついて、血液を通る場所を狭くしています。
また、脂肪により血管が拡張し難いこともあります。

◆塩分の摂取量が多い
肥満の人は食事の量が多いですよね。
痩せの大食いという言葉もありますが、一般的に食事の量が運動して消費する量より
多いため肥満となります。

食事の量が多いと相対的に塩分も多く摂取することになり、
血圧が上がります。

食べ過ぎ

 

 

危険な内臓脂肪

 

肥満には内臓脂肪型と皮下脂肪型があるのをご存知ですか。

◆内臓脂肪型肥満

その名の通りに内臓の回りに脂肪が溜まる肥満です。
おへその回りなどの上半身に脂肪多く付きます。

内臓脂肪

その外見からリンゴ型肥満ともいわれます。
中年以降の男性に多いですが、閉経後の女性にも増えてきました。

内臓脂肪型肥満の判断はおへその回りの腹囲で判断します。
男性なら85cm以上、女性は95cmが内臓脂肪型肥満となります。

◆皮下脂肪型肥満

こちらは、皮膚の下、内臓の外側の多くの脂肪がたまる肥満です。
おしりから太ももにかけての下半身に多く脂肪がつきます。
洋ナシ型肥満とも呼ばれています。

皮下脂肪

主に女性に多いタイプの肥満です。

◆内蔵脂肪がインスリンの働きを悪くする

内臓脂肪からは、アディポネクチンという悪玉因子を分泌します。

このアディポネクチンはインスリンの働きを悪くするため、
より多くのインスリンが必要となり、血中のインスリン濃度が高くなります。
(高インスリン血症といいます)

この状態になると、以下の理由により、血圧が高くなります。
・交感神経機能が高まり、血管が収縮する
・血糖値が高くなる
・腎臓からの塩分の排出スムーズにいかなくなる

 

内臓脂肪の落とし方

 

恐ろしい内臓脂肪ですが、早く落としたいものです。

但し、急激なダイエットや運動は効果が無いばかりか、
心臓や膝への負担など危険な面もあります。

私としては、毎日30分程度のウオーキングをし、
朝晩の1日2回の体重測定から始めるのがお勧めです。

ウオーキング

内臓脂肪は皮下脂肪より、落としやすいので、
無理せず、焦らず、確実に脂肪を落としていきましょう。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ