甘いジュースを飲み過ぎると高血圧になる?

高血圧を防ぐ第一歩は減塩です。
ラーメンやお味噌汁、梅干しなど塩辛いものを食べるときは、
塩分に気を付ける必要があります。

しかしながら、甘いもの、ジュースについても気を付ける必要が
あるとのことです。

 

追跡調査の結果

 

カナダのオンタリオ心臓・脳卒中財団を中心とした研究グループの調査です。
2015年8月12日付、栄養学分野の国際誌である
アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション誌オンライン版で
報告しました。

その結果、甘い飲料を飲むと、高血圧になるリスクは12%増えていました。
量との関係を分析したところ、甘い飲料を毎日1本多く飲むたびに
7.2%リスクを増やしていました。

缶ジュース

研究グループによると、甘い飲料を飲む人は、食事自体も欧米風の食事を
食べている人が多く、その影響が表れている可能性も考えられるそうです。

甘い飲料を飲むか飲まないかでランダムに2つのグループに分けて
検証する調査のよる裏付けの必要性についても研究グループは指摘しています。

そう考えると砂糖と血圧の因果関係を裏付けるには、
説得力が弱い調査結果かもしれません。

 

なぜ血圧が上がるのか

 

しかしながら、調査の結果、甘い飲料を多く飲むと血圧が上がるのは事実。
では、なぜ、血圧が上がるのでしょうか。

原因は砂糖の主成分である果糖にあります。
果糖は、肥満をもたらすことにより二次的に高血圧をもたらします。

また、一時的には、果糖が一時的に高血圧をもたらす仕組みがあることが
分かっています。

砂糖

 

上手な糖分の摂取方法

 

専門家は正常な人であれば、毎日30~40gの糖分の摂取を勧めています。
野菜や果物には果糖やブドウ糖が含まれているうえ、
多くの栄養素も含まれていますので、人口甘味料が多いジュースより、
これらの食品から糖分を摂取するように心掛けましょう。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ