本態性高血圧と二次性高血圧

病院や自宅で血圧を測定し、「残念ながらあなたは高血圧症です」と
診断されたとします。

これからどうなるんだろう? どうやったら治るんだろう?
などの不安がよぎると思います。

でも、そもそもどうして高血圧になってしまったのだろうと
疑問に感じると思います。

原因が分からなければ、治療とか対策ができないと思いますよね。
高血圧について理解しがたいという人が多いのも、うなずけます。

 

本態性高血圧

 

実は高血圧のほとんどは、原因がハッキリしていません。
原因がハッキリしていない高血圧を「本態性高血圧」といいます。

本態性とは、原因不明を指す医学用語です。
原因が分かっている高血圧は全体の10%と言われています。

私も原因がハッキリしていないので、「本態性高血圧」ということになります。(^^;)
まあ、高血圧のほとんどが、「本態性高血圧」なので、
珍しいことではないのですが・・・。

 

加齢による高血圧

 

「本態性高血圧」の中でも多いのが、加齢によるものです。

老化すると血管の弾力性が少なくなってきます。
悲しいことに肌もお同じですね。
肌の弾力性が少なくなるのは、皮膚の乾燥などが原因です。

血管は乾燥しません。では、なぜ血管の老化が起こるのでしょうか?

ちょっと難しいのですが、血管を拡張したり、収縮したりする機能を
持っている「平滑筋」という組織があります。
これが、老化により異常を来たすと、うまく調節が効かなくなります。

また、血管の内壁にコレステロールが付着し、蓄積もするケースがあります。
これらから、年齢を重ねると血管の弾力性が少なくなっていくのです。

弾力性が少ない血管は、収縮期、つまり心臓から血液を押し出す時にうまく、
拡張できないために血圧が上がります。

水とホースの関係で、同じ水の量であれば、細いホースの方が、
勢いが良くなるのと同じ理屈です。

一方、拡張期、心臓へ血液が帰ってくるときは、血管が拡張していないため、
血液がすくなく、血圧は低くなります。

つまり、血管の弾力性が少ないと「血圧の上が高く、下が低い」という状況になります。
50歳以上の方の60%はこの加齢による本態性高血圧になっています。

水 ホース

 

 

二次性高血圧

 

原因が分からないのが高血圧が「本態性高血圧」
原因がハッキリしているもの高血圧を「二次性高血圧」といいます。

その原因とは、例をあげると以下のようなものです。
腎血管性高血圧     ・・・  腎臓へ向かう腎動脈が狭くなることによって血圧が上がります
甲状腺機能亢進症    ・・・  甲状腺の異常により血圧が上がります
原発性アルドステロン症 ・・・  副腎の腫瘍や、肥大によって、血圧が上がります

これらの高血圧は血圧の上昇に気が付く前に、元の疾患の症状が先に出現しやすいです。
また、これらの高血圧は元の疾患が治れば、自然と血圧も正常に戻ります。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ