夏はミネラル麦茶で高血圧予防

日本特有の湿気の多い夏には熱中症の危険だけでなく、
血圧が上がってしまうというリスクがあります。

特に体内の水分が少なくなる高齢者の方は注意が必要です。

 

夏に血圧が上がる理由

 

夏は汗をかきます。
人間は体温が上がり過ぎる場合、体内で発生した熱を自然に
体外に放出します。

それだけでは追いつかない場合、汗をかくことにより、
その蒸発するときに体の熱を奪うことで体温を下げています。

しかし、汗が体温を下げるのは、湿度が75%までです。
湿度が75%を超すと汗は蒸発することができなくなります。

汗はかくけど、熱を奪うことができなため、
脱水症状と体温が上がり過ぎることになり熱中症となります。

まさに、日本の高温多湿な気候に大きな危険があるわけです。

この状態になると、体温が下がらないため、汗が出続けます。
汗と一緒に多量の水分とミネラルが放出されてしまいます。

そうなると血液がドロドロ状態となってしまい、血流が悪くなり、
血圧があがります

特に高齢者は加齢に伴う動脈硬化で高血圧になりやすいので、注意が必要です。

夏

 

ミネラル麦茶の効能

 

そんな時に効果があるのがミネラル入り麦茶です。
カリウム、ナトリウム、マグネシウムなどのミネラルが体内では生成できないため、
食物から摂取する必要があります。

また、麦茶は身体を冷やす効果があり、抗酸化作用も強いため、
ミネラル、水分不足を補うには最も良い飲み物です。

ミネラル入りウオーターではあまり体温が下がらないという統計も出ています。

麦茶

また、ミネラル麦茶の上手な飲み方ですが、一気にごくごくと飲んでもあまり効果は
ありません。血液に吸収されたときしか効果がないためです。

したがいまして、夏になったら、小まめに飲むという方法をお勧めします。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ