仮面高血圧の恐怖

仮面高血圧とは

 

血圧は一定しているものではなく、日々の通常の活動や、
ちょっとしたストレスでも大きく変動します。

一般的に寝ているときは、血圧は低いですが、起床するときは血圧は上がります。
これは、当然なことです。

朝、起きるときはエネルギーが必要なため、
自然の動作として、身体全体の血液を巡らせ、身体に力を出すんですね。

日中はしばらくすると、血圧は安定していきます。
また、寝るときには血圧が下がるというサイクルです。

これが、一般的な血圧の動きです。

 

一般的な血圧変動サイクル

また、ストレス等で血圧が一時的に変動する場合もあります。
病院に行くと緊張してしまい、血圧が上がる場合があります。

これが「白衣性高血圧」といいます。
普通の人でも病院で血圧を測ると自宅で測るより10mmhgくらい上がるといわれています。

「仮面高血圧」とは普段の血圧は正常値ですが、一時的に著しく、血圧を高い症状のことです。

 

なぜ見逃してしまうのか

 

・起床直後に血圧が上がるケース

例えば、起床直後に著しく血圧が上がる場合があります。
起床直後に一時的に血圧が160mmHg上がり、しばらくすると安定するケースです。

この場合、病院での計測では診断できないことは勿論のことですが、
自宅で計測する場合も、起床後、椅子座り落ち着いてから、計測するため
自分でも認識できないことになります。

 

起床時の血圧

・寝ている時も血圧が下がらないケース

「ノン・デイッパータイプ」と言います。
就寝中は血圧が下がるものですが、下がらず、常に血管に圧力がかかり、
ダメージを与えます。

寝たのに寝た気にならないというあなたは、危険かもしれません。

下がらない血圧

・寝ているときに逆に血圧が上がるケース

最近、増えているケースですが、「インパーテッドタイプ」といいます。
これは就寝中に逆に血圧が上がってしまう症状です。

睡眠時無呼吸症候群の方に多いです。

 

 

上がる血圧

 

 

仮面高血圧の恐怖・リスク

 

ではなぜ、仮面高血圧症が危険なのでしょうか。
それは病院で正しい症状が把握できずに、血管へのダメージが蓄積されることにあります。

起き掛けに心筋梗塞、脳梗塞で倒れた、または寝ている時に同じ症状が発生し、
最悪の場合そのまま亡くなってしまうということもあります。

では、仮面高血圧症をどう発見するのか、その予防は次の記事をご覧ください。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ