ヨーグルトで高血圧を改善!!

何気なく食べているヨーグルト。

しかし、意外なことにヨーグルトには血圧を下げる効果
あることが最近、分かりました。

どうして、血圧が下がるのか、どんなヨーグルトを選べばよいのかを
分かりやすく説明します。

プロバイオティクスの効果

人間の腸内には、およそ100兆個、4、500種類もの多くの
腸内菌が住んでいます。

この菌のかたまりを腸内細菌叢といい、花畑のように見えることから
「腸内フローラ」と呼ばれています。

プロバイオティクスとは、この腸内フローラのバランスを改善し、
身体によい作用をもたらす生きた微生物のことです。

その代表的なものに乳酸菌やビフィズス菌があります。
機能性ヨーグルトには、このプロバイオテクスを多く含んでいます。

プロバイオティクスが善玉のLDLコレステロールを増やし、
総合的にコレステロールのバランスを改善します。

また、腸内細菌は副腎皮質ホルモンやステロイドホルモンなどの
生産にも関与しています。

中でも「アンジオテンシン」というホルモンは血圧を上げる働きがあり、
プロバイオティクスがその働きを抑制します。
降圧剤と同じ働きになります。
(詳しくは「ARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)」の記事をご覧ください)

この二つの働きの結果、血圧が下がることになります。

カリウムの効果

また、ヨーグルトには、豊富なミネラルを含んでいます。
中でもカリウムは、ナトリウム(塩分)の排出を促します。

血圧を上げる大きな要因であるナトリウムを排出することに
より、血圧を下げます。

(詳しくは「高血圧を下げるカリウム」の記事をご覧ください)

エラスチンの効果

「エスチラチン」はあまり聞かない名前だと思います。

「エスチラチン」とは、コラーゲン線維を支える弾性線維のたんぱく質です。
保湿成分として注目が高まっている成分の1つで、 コラーゲンやヒアルロン酸などと
関連づけて語られることが多く美容の世界で注目を浴びています。

ヨーグルトのはエスチラチンも豊富に含んでいます。
エスチラチンは血管の弾力性を保つ効果があり、
動脈硬化を防ぎ、血圧を下げる効果があります。

どんなヨーグルトを食べればいいの?

お勧めなのは、最近手に入りやすくなった「ケフィアヨーグルト」です。
ケフィアヨーグルトは厳密には通常のヨーグルトとは区別されます。

通常のヨーグルトとケフィアヨーグルトの一番の違いはケフィアヨーグルトは「酵母を含んでいること」「使用される微生物が多い」ことです。

この違いのメリットは次の通りです。

<ケフィアヨーグルトのメリット>
・健康、美容に良い
・栄養が豊富で消化に良い
・風味が良い

一方、デメリットとしては店頭では手に入りにくいことです。
ケフィアヨーグルトは生きた酵母が入っているため、炭酸ガスが発生しやすく、店頭で売れるまでに容器が破裂するリスクがあります。

そのようなわけで、メリットはあるのですが、店頭で販売しにくいため、知名度はそれほどありませんでした。しかし、最近では通信販売で手軽に購入出来るようになりました。

種菌を自分の好みの牛乳や豆乳に混ぜるので、新鮮かつ意外と楽しいものです。

食べ方ですが、果物と一緒にたべると、ミネラルのバランス等の効果がありおすすめです。

毎日食べ続けると8週間目から血圧が下がる効果が出てきます。

>ケフィアヨーグルトの公式サイトはこちらです



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ