ピスタチオで高血圧予防

お酒のおつまみによく出るピスタチオ。

おじさんにとっては、昔は無かったおつまみのような気がします。
最初に食べた時は、殻ごと口の中に入れてしまったこともありました。(^^;

そんなピスタチオですが、健康に良く、なかでも高血圧に効果があるのです。

 

ピスタチオとは

 

中央アジアや西アジアが原産のナッツです。熟した種子を殻果ごと焙煎し、
塩味をつけたものを食用とします。

ピスタチオグリーンと呼ばれる緑色が残り、味は他のナッツ類と異なる
独特の風味があり、実は「ナッツの女王」と言われるほど栄養価が高く、
健康効果もいっぱいなのです。

なぜ、殻付きかというと、殻を手で割って食べる楽しさと、
何よりも殻があることで風味・味が変化しにくい利点があるためです。

ピスタチオ

 

ピスタチオに含まれる栄養素

 

ナッツ類というと脂肪分が多くカロリーが高いというイメージがあると思います。
しかし、ピスタチオの脂肪分は不飽和脂肪酸のオレイン酸や必須脂肪酸のリノール酸です。
悪玉コレステロールを減らす嬉しい効果が期待できます。

さらには、高血圧に効果があるカリウムや、鉄、銅などのミネラル、
さらにビタミンB1、ビタミンK、β-カロテンも豊富です。

お腹の調子を整える食物繊維も豊富で、
視力を守る効果があるルテインも含まれています。

まさに「ナッツの女王」です。

 

ピスタチオの健康効果

 

◆高血圧の予防に
カリウムには、体内の過剰な塩分を排出する働きがあり、
高血圧を予防することができます。

尿と一緒に排出するので、余計な水分もなくなりムクミ対策にもなります。
利尿効果が高いため、アルコールのおつまみとしてピスタチオを食べるのは
理にかなってます。

◆貧血気味の方に
ピスタチオには鉄分が含まれているので、貧血気味の方にもおススメです。
鉄分には赤血球を増やす働きがありますが、その時に銅も必要になります。
ピスタチオなら両方の栄養素が含まれています。

◆便秘の解消に
ピスタチオには食物繊維が豊富に含まれているため、
腸内環境を整える効果が期待できます。

また、ピスタチオに含まれるオレイン酸には胃腸を活発にする働きがあるため、
相乗効果が期待できます。

高血圧だけでなく、その他にも健康効果が期待できるピスタチオ。
お酒との相性も良いため、血圧が気になり、お酒が好きな方の
オツマミに持ってこいです。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ