ネットのヘビーユーザーは10代で高血圧になる?

現代社会ではインターネットは切っても切り外せない、というより
生活の一部になっている感があります。

それは10代でも同じで、スマホ(スマートフォン)でのSNSの使用など、
常にネットに接している状態といっても過言ではないと思います。

その生活の一部になってるネット。
しかし、使用時間が多すぎると、10代でも高血圧になってしまうとのことです。

pcスマホ

 

アメリカでの調査

 

この調査をしたのはデトロイトにあるヘンリーフォード病院の研究者です。

1週間でのインターネット利用時間が14時間(1日2時間!)を
下回らない生活を続けていると、血圧が上がってしまうとの結果がでました。

インターネットを長時間利用する134人の10代を対象に調査をしたところ、
26人の血圧が上昇しました。

 

なぜ、血圧が上がるのか

 

アメリカ科学振興協会が運営するニュースサイトであるEurekAlertの見解です。
以前より、インターネットを長時間利用することで、中毒症状、不安神経症、
鬱、肥満、ひきこもりの各症状になってしまうこと報告する研究はありました。

今回の研究は、直接の因果関係は明確になっていないものの、
長時間のインターネット利用によるリスクに、またひとつ新しい具体例
加えることとなるものです。

 

節度のある利用を

パソコン

今回の研究を主導したAndrea Cassidy-Bushrow(ヘンリーフォード病院の
Department of Public Health Sciencesの研究者でPh.D.、MPH)は、
節度を持った利用が重要であると述べています。

「インターネットは既に生活の一部となっているものの、
健康に害を及ぼすまで使い続けてはなりません」

「ヘビーユーザーとされるティーンたちは平均的に週で25時間も
インターネットを利用していました」

「コンピューターやスマートフォンを利用する際には、定期的に
休憩を入れることが大切です。そして休憩時間には身体を動かすことも大事です。
保護者は子供の利用時間についても目を配るべきでしょう。
1日に2時間、そして1週間で5日までというのが目安になると思います」

生活の一部とはいうものの、健康を害しては意味がないです。
インターネットに振り回されるのではなく、節度を持って利用していきましょう。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ